下社秋宮周辺|一口メモ

諏訪大社下社秋宮と周辺

下社秋宮

諏訪大社下社秋宮
下社は信国造金刺氏が下諏訪の地に氏神を建立したと言われている。春宮と秋宮を造り、神社を護る鬼門寺を造り、観照寺と三精寺の別当寺を配置して大和朝廷が押し進める支配体系を確立した由緒ある町である。のち上社とともに大和朝廷の支配下に入り、南方刀美神社という名前を貰い、諏訪神社の名の許に全国に一万余の分社を持つに到った。

専女社の欅(とうめしゃのけやき)
青塚古墳(あおづかこふん)
秋宮スケートリンク

秋宮〜山王台周辺の史跡

金刺盛澄(かなざしもりずみ)像

霞ヶ城址(かすみがじょうし)
三精寺跡(さんせいじあと)
神宮寺跡(じんぐうじ あと)
金刺氏居館跡(かなざししきょかんあと)
犬射馬場跡(いぬいばば あと)

言成地蔵尊・土田墓地

言成地蔵尊

言成地蔵尊(いいなりじぞうそん)
石地簿には天正十二年1584の銘がある。今は「言成地蔵尊」の名で親しまれているが、かつては蓮池の南にあり、廃仏毀釈で下諏訪の山中、萩倉の地に移された。しかし地蔵尊は元の場所が恋しくて、毎日毎夜少しずつ旧地ににじり寄ることが判り、心ある人の哀情を誘い、今の場所に移された。祈願すれば何でもかなえてくれる、ご利益あるお地蔵さんである。

土田墓地(つちだぼち)
この墓地は下社神宮寺の境内にあり、墓地内の墓碑は全て神宮寺の支配下であった。

来迎寺・銕焼地蔵尊

銕焼地蔵尊

銕焼地蔵尊(かなやきじぞうそん)
今から千年以上も昔の話。下諏訪の湯屋別当方に「かね」という娘が奉公していた。弁当を運ぶ役目の途中、その飯をいくらか菩薩に供えていた。ある日そのことを主人に告げ口され、怒った主人の妻が焼け火箸でかねの額を叩いた。泣きながら菩薩のもとに来ると、菩薩の額から血が流れ、かねの額から傷が消えていた。美しく成長したかねの噂は都にも聞こえ、帝に召しだされることになった。後の和泉式部であるという。