慈雲寺参道

矢除け石
武田信玄が川中島の合戦に行く途中、石の上に立つ慈雲寺の僧に向かって弓の名手に矢を射らせました。不思議なことに僧には当たらず、この石に矢除けの法力があるということで、信玄は札を授かり、川中島へ向かったという伝説があります。

竜の口
慈雲寺に登る大門口にある水場。設置されたのは文政の頃、旧横川村の石工、山田金右エ門の作とされています。

矢除け石
竜の口