下諏訪の製糸業

 明治六年六月に下の原の中村製糸が創業し、明治十一年には萩倉にも製糸業が始まりました。いずれも原料の繭が和田峠を越えてきたから、峠下の萩倉や下の原は諏訪の製糸業の草分けになったのです。
 明治政府の「殖産興業」に呼応して製糸業が始まったので、産業資本の充実を目的に製糸金融が始められました。明治十四年に第十四銀行、第十九銀行、佐久銀行が一斉に下諏訪宿の旅館で季節金融を行っています。しかし下諏訪は、経営者が旅館を営むため、差し迫った融通を望む声が少なく、明治二十四年には第十九銀行が岡谷に出張所を新設して拠点を移しました。

 鉄道の開通により、明治四十年代以後は岡谷が諏訪の製糸業の中心になり、明治十一年創業の萩倉の製糸業も大門通りへ移転しはじめ、四十三年には萩倉は以前の静寂を戻していきました。
 大門付近へ集中した製糸業は、下諏訪倉庫が明治三十三年に営業を開始していたため、倉庫に原料繭の保管を依頼するのに格好の設備が利用でき、繭の保管から得られる運転資金の活用が可能になり、製糸業が進展していきました。

片倉製糸工場最盛期の下諏訪町。
まだ御田町の商店街は見えない。
(明治42〜3年頃撮影)
水月園から見た下諏訪。
入一、丸六両製糸場と煙突が見える。
(昭和初期撮影)
丸三下諏訪倉庫(昭和39年撮影)