下諏訪宿|一口メモ

下諏訪宿の構成

下諏訪宿

下諏訪には宿駅が三ケ所にあった。戦国時代甲越両軍が対峙した川中島戦の頃は東山田の神宮路に、豊臣秀吉が天下統一の頃は木落とし坂上の「町屋敷」に、そして徳川家康が征夷大将軍になった頃に五街道が整備されて、今の下諏訪宿が生まれた。

いずれの宿駅も隣宿との距離が長いために、殆どの旅人が下諏訪宿に止宿せねばならず、俚謡に唄われたように
「木曽の棧太田の渡し 和田の峠がなけりゃよい」
となり、下諏訪宿の中心は大変な賑わいを見せたと言われている。

旧御本陣邸・旧脇御本陣邸

旧御本陣邸の庭園

旧御本陣邸
御本陣は、二度代わった。初めは小口弥右衛門、小口氏が欠所になって岩波氏が後を継ぎ、幕末まで御本陣職を勤めている。
幕末の激動期を震感させた数々の事件の舞台になった上段の間が今も残され、当時を偲ぶことができる。皇女和宮様の止泊、赤報隊の本部になるなど歴史の表舞台を彷彿させてくれる。

旧脇御本陣邸

下諏訪宿の史跡

問屋場跡の碑

問屋場跡
宿場の中心は問屋場である。下諏訪宿は綿の湯の前にあったが、場所が狭かったので今の御柱グランドパークへ移された。街道を往来する旅人の、人と荷物を隣宿まで運ぶために毎日忙しく働いたという。
「駅」の字が示すように、馬が主体の江戸時代は問屋場が下諏訪駅。忙殺の毎日であった。

番屋跡
高札場跡
高島藩お茶屋跡

宿場の機能

曲の手

高島藩領(諏訪郡)内で唯一の中山道の宿場である。しかも約二キロも遠回りして温泉と秋宮の近くに宿場を開設した。
下諏訪宿は西隣の塩尻宿まで三里余、北の和田宿まで五里余あって宿間が長く、峠であったから冬の通行は非常に難儀であったと言われ、数多くの時代の荒波に揉まれ続けた。

曲の手(かぎのて)
用水路

温泉と温泉跡

綿の湯跡の碑(題字:永六輔氏)

綿の湯跡
中山道は和田峠と塩尻峠の間を二キロも遠回りして下諏訪宿を開いた。神社と温泉と甲州道中を分岐するためである。
男神(上社)から別離した女神が下社に定住するとき、綿に浸した湯を下げて湖水を渡って着いた場所に湯が湧き出て、通り径に神渡りが出来たという神話にゆかりの湯である。

馬湯
小湯(児湯)跡
旦過の湯

宿場の風情が残る建物

歴史民俗資料館

歴史民俗資料館
建物は明治初年に建てられたものであるが、江戸時代の宿場商家の特徴を残している。表は「縦繁格子(たてしげごうし」の出格子造りで、大戸を入ると「見世」と呼ばれる広い板の間、裏庭へ通ずる土間など宿場の典型的な家造りである。陳列資料には、下諏訪宿・和宮ご下向・樋橋合戦・偽官軍事件などが見られる。

今井邦子文学館
今井邦子は明治時代後半から活躍した短歌をよむ才女であった。