旧御本陣邸・旧脇御本陣邸

旧御本陣邸
御本陣は、二度代わった。初めは小口弥右衛門、小口氏が欠所になって岩波氏が後を継ぎ、幕末まで御本陣職を勤めている。
幕末の激動期を震感させた数々の事件の舞台になった上段の間が今も残され、当時を偲ぶことができる。皇女和宮様の止泊、赤報隊の本部になるなど歴史の表舞台を彷彿させてくれる。

旧脇御本陣邸

往来する大名方の宿泊が混雑したときに泊まった旅篭であるが、通用門が上段の間などは御本陣と全く変わらない間取りである。
下諏訪の脇御本陣は三度代わった。初めは絵物屋、次が今井新兵衛、最後が丸屋であるが、最後の丸屋を地図に掲載している。中山道と甲州道中の交わる曲がり角にある。

旧御本陣邸の庭園
旧御本陣邸正面
旧脇御本陣邸